お知らせ

投稿日:2022年9月29日

工場の貸主が行なうべき消防点検とは?

愛知県名古屋市などで、建築設備や消防設備の定期検査を請け負う『株式会社キムラ防災コンサルタント』です。
今回は、工場のオーナーさまに向けた内容で執筆いたします。

定期的な消防点検は『貸主の義務』

工場は防火対象物として消防法で定められており、安全確保のために以下の義務があります。

消火栓

・消防設備の設置
・定期点検の実施および報告
・防火管理者の選任

また、定期点検には、『機器点検』と『総合点検』があり、前者は半年に1回、後者は1年に1回行なうこととされております。

消防設備の点検はおまかせを!

特に人命を守るための設備に関しては、有資格者による点検が必要となります。
弊社には消防設備士をはじめとする資格保有者が在籍しており、設備の設置や点検に関する実績も豊富にございます。
「信頼できる業者にまかせたい!」とお考えの方は、ぜひ株式会社キムラ防災コンサルタントまでお問い合わせください。

防災について

愛知県名古屋市での消防設備点検・防災はナゴヤボウサイへ
ナゴヤボウサイ
〒452-0917
愛知県清須市西堀江1442-2
TEL:090-6465-1768
※防災設備以外の営業電話はお断りします。

お知らせ

関連記事

車検の代車

車検の代車

先日3年間乗ったスペーシアを売却して新たな作業車を購入しました。 ですが納期が遅いので車屋に代車を借 …

観葉植物

観葉植物

本日あいにくの天気ですが、 観葉植物のドラセナ(幸福の木)が窓際で光合成をしております 観葉植物は過 …

タワマン火災

タワマン火災

先日タワマンの一室で火災があったとニュースで流れていましたねー 住人の方がベランダがら心配そうにのぞ …

お問い合わせ  防災について